マネコンとは結局のところ一体何なのか

マネコンとは結局のところ一体何なのか

マネコンでどう稼げるとか、詐欺案件とどう違うとか、知りたいことは多々あるかと思いますが、そもそもマネコンってなんぞや?と思っている人も少なくないに違いありません。そこでここでは、マネコンというものそのものの詳しい説明をしていきたいと思います。

なぜ別ページにて説明するのか…というのも、マネコンが何なのかなんて興味ない、稼げるかどうか、詐欺じゃないのかしか興味ない…という人も多いからなんですね。

確かに仕組みなんてわからなくてもやることはできます。PCやスマホの仕組みなんて分からなくても、みんな使ってますからね。

ですが、迷っている人の中には「実際にどういうものか分からないと不安で踏み出せない」という種類の人間も存在します。その気持ちは僕もよく分かります。なので、分かる限りのことを実体験も含めて説明していきたいと思います。

マネコンって何でマネコンっていうの?

はい、ちょっとアホみたいなタイトルを付けてしまってすみませんw ですが、意外に誰しもが思うわりに見逃されている部分でもあるのではないでしょうか?

マネコンとは、「マネーコンテスト」の略です。

「あ、そうなんや!(なぜか関西弁)」と目からウロコが落ちた人もいるのではないでしょうか?ちょっと大げさですかねw

マネコンは実際どういうものなのか

マネーコンテストは分かったけど実際どういうものなの?という疑問が湧いてくると思います。

ざっくり言うと、マネコンは電子機関紙であり、その購読会員のコミュニティです。

愛咲ルイさんも主婦の代表として加盟している「副業審査委員会」が発刊しているもので、毎年個人で取り組める副業のNo.1を決めているものなんですね。

電子機関誌…って何?

機関誌とはそもそも何ぞや?と思う人も多いかもしれませんね。あまり聞かない言葉ですもんね。僕も改めて調べてみましたが、機関誌とは

・新聞の一種である

ということです。

もっと詳しく言うと、「組織内部に向けた刊行物のこと」なんだそうです。

政党や団体などが組織としての見解やニュースなどを広報・宣伝するために、会員などの内部に向けて情報を発信するためのものみたいですね。

この機関誌というのは文字通り雑誌のような形態なので、そもそもは紙媒体だったようですが、これの電子版が電子機関誌というわけですね。いわばネットを使った情報交換雑誌のようなものということです。

TOPページを見る